Top > スピリチュアル・ヒーリングの病気観

スピリチュアル・ヒーリングの病気観

スピリチュアル・ヒーリングでは、病気になるのは、霊と肉体のアンバランスととらえています。つまり霊的エネルギーの循環システムがアンバランスになると、それが肉体に影響を与えて病気になるということです。現代医学では病気である肉体そのものを異常か正常かと判断しますが、スピリチュアル・ヒーリングでは、病気は肉体だけではない、ということですね。
スピリチュアル・ヒーリングでは、病気についてもう一つの原因として、「カルマ」という概念を取り入れています。「カルマ」は東洋の宗教に多く見られる因果応報のことです。5000年の歴史を持つアーユルヴェーダ医学でも「カルマ」という概念は見ることができます。
ヒーリングはブームになってきていますが、病気は西洋医学だけでは限界があるのは事実。スピリチュアルな部分にも目を向けるのも良いと思います。

 

 北欧アンティーク家具  北欧家具アウトレット
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ヒーリングとは(2009年5月27日)
ヒーリングと代替医療(2009年5月27日)
スピリチュアルヒーリングとボディヒーリング(2009年5月27日)
スピリチュアル・ヒーリングの病気観(2009年5月27日)
レイキヒーリングって何?(2009年5月27日)