Top > アロマセラピーはなぜ効くのか?

アロマセラピーはなぜ効くのか?

アロマセラピーはなぜ効くのかというと、脳、血液、肺、皮膚などを通してからだに取り込まれるからです。
アロマセラピーの効果を理解するために、まずは、からだのメカニズムについて考えてみましょう。
わたしたちは目で見る、耳で聴く、鼻で嗅ぐ、舌で味わう、そして肌に触れるという5つの感覚を持ち合わせています。
感覚は刺激となって、わたしたちの脳に情報として伝達され、伝達された情報は脳で判断され、必要なことを命令します。視覚や聴覚は大脳新皮質にある中枢で認識され、大脳辺縁系に伝わるのですが、嗅覚の場合は、大脳辺縁系に直接伝わり、カラダの調節に関わるのです。アロマセラピーではこの嗅覚との関係が特に重要となります。
アロマセラピーでは嗅覚の特殊性によって、気分がリラックスしたり、スッキリする等の心理的効果が得らます。ヒーリングでは、アロマセラピーを併用することは多くあります。

 

 無料夢占い  蜂の夢占い  猫の夢占い  地震の夢占い  赤ちゃん夢占い  蛇の夢占い
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ヒーリングとは(2009年5月27日)
ヒーリングと代替医療(2009年5月27日)
スピリチュアルヒーリングとボディヒーリング(2009年5月27日)
スピリチュアル・ヒーリングの病気観(2009年5月27日)
レイキヒーリングって何?(2009年5月27日)